トリアジン抗けいれん薬

 
トリアジン抗痙攣薬は、シナプス前ナトリウムチャネルに作用し、興奮性神経伝達物質、グルタミン酸塩およびアスパラギン酸塩の放出を阻害する。トリアジン抗けいれん剤は、不在発作、部分発作、強直間代発作およびレノックス・ガストー症候群を治療するために使用される。

トリアジン抗けいれん薬に関連する病状